ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

尿が出にくい症状から病気を調べる

「尿が出にくい」症状は、主に尿意は感じるものの思ったような勢いで排尿ができなく、トイレに入ってからもなかなか尿を出すことができません。残尿感を覚え、スッキリ感がなく気持ち悪く感じます。また、尿の勢いが弱い、尿を出しきるのに排尿中ずっとお腹に力を入れる必要がある、水分を取っても尿が出ない、尿を出すのに時間が掛かるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がん、神経性因膀胱、腎不全などが考えられます。
主な受診科目は、泌尿器科、心療内科、内科です。
医院・クリニックでは「尿が出にくい」症状を訴えた場合、問診、超音波検査、尿検査、直腸診などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

尿が出にくい症状に関する記事