ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

吐き気がする・嘔吐症状から病気を調べる

吐き気がする・嘔吐

「吐き気がする、嘔吐」症状は、主に胸の辺りがムカムカし、スッキリ感がなく、吐いて胃の中をスッキリさせたいと感じます。同時に胃痛がある場合や、胃がこみ上げてくるような感覚があります。立っていることは難しく、座り込むかしゃがんでいるのが楽に感じます。また、胃内容物が上がってきて、我慢出来ずに胃内容物を戻してしまうなどの状態にあたります。
疑われる病気は、胃腸炎(細菌性、ウイルス性)、腸閉そく、脳腫瘍、片頭痛、神経性嘔吐、めまいなどが考えられます。
主な受診科目は、内科、脳神経外科、神経内科です。
医院・クリニックでは吐き気がして、胃腸炎、腸閉そくが疑われる場合には問診、画像検査(腹部レントゲン、腹部CT)などが施行されます。また片頭痛や頭部が原因の嘔吐では問診の上、頭部CT、MRIなどを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

吐き気がする・嘔吐症状に関する記事